【離婚・住宅ローン対策センター】について

Q1

離婚後、夫名義の不動産と住宅ローンを妻が引き継ぐことができますか?

A

奥様に一定の収入があれば可能性はあります。

Q

どこに相談すれば良いか?

A

現在、借りている金融機関に相談しても難しいです。この場合、他の金融機関に相談することになりますが、対応可能な金融機関は限定されており、かつ、夫婦間売買(贈与)の住宅ローンは原則、融資対象外ですので取扱可能な金融機関のリサーチと慎重な交渉が必要になります。

離婚・住宅ローン対策センターでは、対応可能な全国の金融機関の情報を保有しており、多くの実績と豊富な経験があります。産休・育休中や職場復帰後まもないといったケースでも、非常に難易度は高いですが、審査を通過した実績が多数ありますので、諦める前に一度ご相談下さい。

Q

どのような手続きが必要か?

A

対応可能な金融機関を見つけた場合、奥様単独で住宅ローンの審査の申込をします。これは新規借入と全く同じ審査が行われます。雇用形態、年収、勤務年数に加え、カードローンなどの借入状況によって審査が通る場合と通らない場合があります。

離婚・住宅ローン対策センターでは、金融機関に申し込む前に審査が通るかどうかの事前診断を行ったうえ、審査通過の為の対策を講じてから申し込みます。事前の対策を何も打たずに申し込む場合とでは審査通過率が格段に変わります。

 詳しい情報は公式サイトからご覧ください。

商品名 離婚後の住宅ローンのお悩み解決【離婚・住宅ローン対策センター】
カテゴリ ローン